賃貸でどんな生活をするのか

賃貸の場合に、家賃とは別に発生する金額も頭に入れて置く

賃貸の部屋探しをする場合にポイントとなる点が幾つかあります。それが家賃以外に発生する金額です。中でも結構な金額を支払わなければならないのが敷金や礼金の類です。部屋を借りるのだから、家賃を払えばいいのでは、と言う考えの元だけで賃貸物件を探していると想定外の金額が必要な事に気づきますから、ある程度の金額を用意する事が必要になってきます。何故、敷金と言う金額が必要なのかと言うと、借りる部屋の所有者の大家さんに部屋の担保として支払っておくべきお金なのです。担保金、所謂、部屋を借りて、その以後に、仮に家賃を滞納したとか、部屋の中で壁や床、その他に損傷を与えたとかした場合にその修繕費用に充てられる訳です。または、部屋の退去時に行うハウスクリーニングに充てる金額でもあるのです。

ただ、この敷金と言う金額は、あくまでも担保金ですから、全く部屋を借りて以降、室内に損傷などの形跡がなく、入居時と殆ど変りなく、問題ない場合には、清算されて、日割り計算で戻ってくるお金であります。賃貸の部屋を借りる際には、家賃以外の金額を支払わなければならない事を予め認識しておくことが必要になってきます。他にも礼金と言う金額もあります。文字通りに、お礼のお金となります。かつて、日本が戦争に敗れ、焼け野原になっていた時代、住む家もなく、他人から住む家を借りなければならないときに、借主にお礼のお金を包むで、と言う習慣が現在も続いての礼金となっているのです。このように、賃貸物件の情報を集めているときに、必ず目にする金額の部分を注意してチェックするのも部屋探しのポイントになってきます。

新着記事

おすすめサイト一覧

Copyright (C)2017賃貸でどんな生活をするのか.All rights reserved.